アワード(受賞歴)

東京インターナショナル&フラワーガーデンショー

Best in show(city garden部門)、GOLD MEDAL(city garden部門)

東京インターナショナルフラワー&ガーデンショーの概要

東京インターナショナル&フラワーガーデンショー イメージ

国内外最高峰レベルのガーデン作品、フラワーディスプレイ作品などが一堂に会した日本最大級のフラワー&ガーデンショー東京ドーム約2個分の広さを誇る国営昭和記念公園、みどりの文化ゾーンで開催されました。
コンペディション(出展のコンテスト)では海外の招待デザイナーと国内の著名なデザイナーや会社が出展して、その技を競い合いました。
セキスイエクステリア(株)ザ・シーズンはシティガーデン部門で出展し、みごとベスト・イン・ショー(部門の最高賞)、ゴールド・メダルの2冠を獲得しました。

会期:2010年4月17日~25日
開催場所:国営昭和記念公園みどりの文化ゾーン
主催:東京インターナショナルフラワー&ガーデンショー組織委員会

設計コンセプト:
~A siesta with nature~ このガーデンは【自然と造形に囲まれた癒しの隠れ家】というコンセプトで製作しました。日々、忙しい時を過ごす日本人。限られた休日に大切な人と共に過ごす有意義な時間と空間が求められています。今回、ヨーロッパ文化で取り入れられている造形の美学を庭の中に取り入れました。そして、自然と共存して新しい活力へとなるナチュラルな空間創り。ひっそりとしたプライベートの休息時間を通して自然が五感に語りかけ、包み込まれた空間から力をもらって明日への活力を生み出すことでしょう。

プランニング:
全体の中央に位置する大きな水盤、基本形状は三日月をイメージして、これを取り囲むように植物が顔を覗かせている。水面に映し出された光が輝き、静かに揺れる動きがあります。大きな樹木から降り注ぐ木漏れ日が心地良く水面に浮かびます。奥の大きなデザインウォールには幾何学的なラインと、アクセントカラーとして紫色、段差をつけた立体感のある壁に取り付けられた水栓が楽しさを演出して、“壁”そのものの存在を強調します。連続した7本の白いアーチとリズムのあるステップを通り抜けた先には、自分だけの特別な場所(ステージ)へと行き着きます。
この空間は“休息の時間”を与えてくれる自分へのご褒美となるプライベート空間をイメージしました。アーチ上に飾られた赤い花はこの空間を美しく飾り、かつ気品を漂わせます。多くの要素を濃密に取り込んだ「シエスタ・ガーデン」。都会でのガーデンという考え方をセカンドリビングやノンルーフガーデンテラスのように、部屋から延長された大切な空間としてこの場所での休息時間を実感して頂ければ思います。

東京インターナショナル&フラワーガーデンショー イメージ

東京インターナショナル&フラワーガーデンショー イメージ

東京インターナショナル&フラワーガーデンショー イメージ

東京インターナショナル&フラワーガーデンショー イメージ