シーズンコレクション

ザ・シーズンコレクションでは、6ヶ月毎にデザイナーが創り上げた代表的なエクステリア&ガーデンの作品を発信して参ります。
コレクションへは下のボタンをクリックするとご入場いただくことが出来ます。 皆様、どうぞごゆっくりとご高覧下さいますようお願い申し上げます。

2011 Spring Collectionnew

今回のコレクションは、エクステリア・ガーデンの両部門に共通して、直線を採用したすっきりとした印象のデザインとなっています。また、既存物を生かしつつ新旧の素材の質感を融合させたコーディネートも特徴です。和・ヨーロピアン・モダンなど、すべてのテイストに自然に対する繊細な感覚が表現されており、小さな自然をデザインに取り込む事が、環境を配慮した快適な住まいを実現させることを、すべての作品を通じて感じていただけるかと思います。

コレクションイメージ コレクションイメージ コレクションイメージ コレクションイメージ
ENTER

2008 Collection

今回のコレクションでは、ベーシックなスタイルが目立っており主張を抑えた景観にもよく馴染む普遍性のある作品展開となっています。色合いとしては無彩色にベージュからダークブラウン系の色でまとめられ落ち着いた基本色が使われ、形の上では、一部に曲線使いが見られるものの前シーズンに続き直線使いが主流となっています。仕上げの素材としては自然石と木材に加えコンクリートが多く使われ、建築的構築の美学が打ち出されています。

コレクションイメージ コレクションイメージ コレクションイメージ コレクションイメージ
ENTER

2007 Collection 2

今回のコレクションでは、エクステリア部門においては平面から立体展開にわたり、直線づかいを基調とするデザイン構成が軸となる作品が主流となっています。特に横方向のライン構成を重視しており、全体として建物に安定感を与えるものとなっています。
ガーデン部門においてもエクステリア部門と同様の押し出しをしているが、加えて和と洋の融合をテーマとして、そこにアクセントカラーを効果的に取り入れることにより、パキットしたメリハリ感のある洗練を印象づける作品展開となっています。

コレクションイメージ コレクションイメージ コレクションイメージ コレクションイメージ
ENTER

2007 Collection 1

今シーズンのトレンドは、人工的な素材と自然素材を組み合わせたクールな未来感覚と対立軸にある温もり感を持つ、古典的な作品をほどよく取り混ぜています。また、何れの作品でも、壁・床ともにグレーやブラウン系の色使いが主流です。そして、エクステリアの小物類をポイントにした個性を印象深く押し出しています。一通りご覧いただきますと、共通のアイコンとして、植栽が豊かに使われたコレクションであることにお気づきになることでしょう。

コレクションイメージ コレクションイメージ コレクションイメージ コレクションイメージ
ENTER