news

大阪府八尾市 外構リフォームのご紹介 その2

こんにちは。ザ・シーズンL&G学園前店デザイナーの田村です。


前回のブログで、大阪府八尾市にて2月上旬からスタートする外構リフォーム計画の一部をご紹介させていただきましたが、予定通り工事着手致しましたので今回は、工事の進捗とともにご紹介させていただきます。


前回のブログ 大阪八尾市 外構リフォームのご紹介 その1はこちらから



外観写真 施工中

外観写真 施工中

 

ご要望にありました、道路からリビング開口部への視線の緩和については、角地に沿って意匠壁を設置し、壁の高さは通行者の視線、隣り合うゲート・エントランス門柱との高さのバランスを考え、道路よりH1600mmと致しました。

また、壁裏に既存のシマトネリコを移植することで、立体的なボリュームを持たせながら、より効果的な視線の緩和ができるように考慮致しました。

 

 

エントランス 施工中

エントランス写真 施工中

 

現在のエントランスの様子です。

門扉の位置を道路より1000mmほどセットバックし、引き・たまりのスペースを設けました。限られた空間でも、エントランス空間の広がりを持たせることができます。

3本の角柱をリズミカルに設置し、間口の広がり感を出しています。左2本は対のデザインとし、柱の間にリフォーム前に設置されていたW400mm×H1400mmのクラッシュガラスの表札を取り付けます。また右の角柱にはモザイクタイルをあしらい、意匠的に魅せるエントランスとしています。


今回のご紹介はここまで。

次回は、金物の取り付けや、仕上げの様子の経過をお届け致します。よろしければお付き合いください。




私どもザ・シーズンでは、営業・デザイン・設計・現場管理そしてアフターフォローまで専任のデザイナーが

サポート致します。是非、外構・お庭・室内リフォームまで何なりとご相談下さい。ご相談は無料です。

それではスタッフ一同皆様からのご連絡、心からお待ちしております。

 

尚、ザ・シーズンの施工事例を見たい方はコチラ→  こだわりの事例集

また学園前店舗施工事例を見たい方はコチラ→ ザ・シーズンL&G学園前 事例集』 をご覧下さい!

 

エクステリア&ガーデンのご相談はこちら

ホームページからの御相談予約はこちらから

https://www.the-season.net/mail/consultation/


また、お電話でも受付をしております。気になった方はこちらまで。

ザ・シーズンL&G学園前店御問合わせ先:0742-52-7811


2017 年 2 月 16 日

大阪駅北 うめきたガーデンへ

こんにちは。学園前店の鶴井です。

わたくしも、先日、大阪メンバー伊藤さん・西堂さんがご紹介していた、今話題の『うめきたガーデン』へ行ってまいりました!


img_3018

うめきたガーデンから、グランフロント大阪を見上げると・・・。

大きな重機を背景に、色とりどりのお花を楽しむという機会は、なかなか貴重かしれません。

img_3027



1月は、葉牡丹がもりもりと、ダイナミックに植えられていました。

葉牡丹のほかにも、ビオラ・ノースポール・スイセン・菜の花・ストック・クリスマスロースなどなど・・・。

季節のお花が楽しめます!

これだけのスペースを管理するには、本当に大変だろうと感じました。

2月10日からは、『真冬のチューリップ祭』が開催。

一足先に、開花時期を調整したアイスチューリップ2万株を堪能できるそうです。

うめきたガーデンは、大阪駅から、映画館 シネ・リーブル梅田(梅田スカイビルタワーイースト)へ向かう道中に位置しますので、映画好きの方も是非立ち寄られてはいかがでしょうか!

img_3014img_29923img_30241







私どもザ・シーズンでは、営業・デザイン・設計・現場管理そしてアフターフォローまで専任のデザイナーが

サポート致します。是非、外構・お庭・室内リフォームまで何なりとご相談下さい。ご相談は無料です。

それではスタッフ一同皆様からのご連絡、心からお待ちしております。

尚、ザ・シーズンの施工事例を見たい方はコチラ→  こだわりの事例集

また学園前店舗施工事例を見たい方はコチラ→ ザ・シーズンL&G学園前 事例集』 をご覧下さい!


エクステリア&ガーデンのご相談はこちら

ホームページからの御相談予約はこちらから

https://www.the-season.net/mail/consultation/


また、お電話でも受付をしております。気になった方はこちらまで。

ザ・シーズンL&G学園前店御問合わせ先:0742-52-7811






2017 年 1 月 31 日

京都の伝統文化に触れる旅 その2

こんにちは。ザ・シーズンL&G学園前店デザイナーの田村です。


さて、本日は 【京都の伝統文化に触れる旅 その2】のご紹介です。  その1はこちらから


錦の伝統織物 【龍村光峯】を訪ねて・・・


今回は、日本が誇る芸術【錦織】を研究し、伝統や技を守っておられる龍村光峯氏の工房を見学させていただきました。

世界でもっとも美しい織物と言われている【錦織】少なくとも1200年以上前に中国から日本に伝わった高機(たかはた)という機を用いて手織りされてきた、多彩で精緻で豪華絢爛な絹の紋織物です。「錦」という字は、その値が金に等しいゆえに【金】と【帛】(絹織物)の文字を並べて作られたといいます。その由来からも想像できるように、錦織は特別な場所を飾るアートとして、または大切な方への贈り物として重宝されているとのことでした。


早速、実物の錦織作品を鑑賞致します


1

錦織作品の解説をしてくださる、後継の龍村周 氏

 

_mg_2855

2 【白砂青松】

11

1 【雅の松】









1 【雅の松】

皇太子妃殿下ご婚礼支度品として小和田家から注文された作品。光り輝く高潔にして、雄渾なる常盤の松に蔦の搦まる姿は、松が男性を蔦が女性を表し、夫婦和合を意味している。


2 【白砂青松】

白砂青松とは、文字通り白い砂と青い松のある我国の砂浜の美しさをいい表す典型の表現で、開発や近代化の荒波にさらわれ、今は想い出のうちにしかない光景に、愛惜の念が彩りを添える作品。



光源によってさまざまな表情をみせることから海外では【光の織物】と称され、その名の通り、実物の錦織は見る角度によって柄の表情を変えたり、色を浮き上がらせたりと、立体的な魅力がありました。


 

素晴らしい作品に魅せられながら、次に案内してくださったのは高機が並ぶ工房でした・・・


_mg_2941

高機(たかはた)が並ぶ工房

 

高機とは通常の地機よりも高い構造を持ち、織り手は腰掛けて、ピアノのように足で踏み木を踏んで織る織機です。木製の織機には、ジャガードと呼ばれる経糸を動かす装置があり、その横には紋紙と呼ばれる無数の穴が開いたボール紙が見られます。

この織機は現代のコンピューターの原型であり、穴の開いた紋紙はいわゆるプログラミング『設計図』となります。ジャガードがこの紋紙を読み取り、織糸の上げ下げを指示します。

実際に織物産業から発展した企業は多く、トヨタやスズキ、村田製作所といった多くの企業が元は織物にたずさわる会社でした。あのIBMはこのジャガード織機からコンピュータープログラムのヒントを得たそうです。

 

錦織の原型となる紋紙。

1 錦織の原型となる紋紙。

2 杼(ひ)と呼ばれる糸を通す道具

2 杼(ひ)と呼ばれる糸を通す道具



 

 

 

 

 

 

1 紋紙

錦織の原型となる紋紙。現在、織物業界の大半は紋紙からフロッピーディスクへ変わっているそうです。

2 杼(ひ)

アカガシと清水焼きで出来ている杼(ひ)と呼ばれる糸を通す道具、この杼、英語ではシャトルと言いオムロンは杼の動きを見て、駅の自動改札機の発想につながったそうです。残念なことに、杼を専門につくる職人が現在は1人しかいないそうです。

 

 

実際に織っている様子を拝見

実際に織っている様子を拝見


一本一本糸を通し、織り上げていく工程は、気が遠くなるほどの根気が必要であると感じました。初代から三代当代まで、自ら織ることはなかったそうですが、周氏は織機使いを学び、技術を伝える活動をされています。

高齢による職人の後継者問題が深刻なようで、後継者が育っていない背景には、教える人がいない(職人が後任への教え方が分からない)という事情があるとの事です。


繊細な絹の糸から、多くの人の手によって作り上げられる錦織。古き良き伝統を守り継続していく大変さを感じながらも、日本ならではの美しい芸術を、いつまでも守り続けて欲しいと心から思いました。

今回の訪問先となりました株式会社龍村光峯では、錦織工房見学、機織り体験、アクセサリー手作り体験ができます。織物工房の見学、お子様の自由研究、京都旅行の際の伝統文化体験、機織り体験をしてみたいという方はいかがでしょうか。



 

私どもザ・シーズンでは、営業・デザイン・設計・現場管理そしてアフターフォローまで専任のデザイナーが

サポート致します。是非、外構・お庭・室内リフォームまで何なりとご相談下さい。ご相談は無料です。

それではスタッフ一同皆様からのご連絡、心からお待ちしております。

尚、ザ・シーズンの施工事例を見たい方はコチラ→  こだわりの事例集

また学園前店舗施工事例を見たい方はコチラ→ ザ・シーズンL&G学園前 事例集』 をご覧下さい!

 

エクステリア&ガーデンのご相談はこちら

ホームページからの御相談予約はこちらから

https://www.the-season.net/mail/consultation/


また、お電話でも受付をしております。気になった方はこちらまで。

ザ・シーズンL&G学園前店御問合わせ先:0742-52-7811





 

2017 年 1 月 22 日

大阪府八尾市 外構リフォームのご紹介 その1

こんにちは。ザ・シーズンL&G学園前店デザイナーの田村です。

寒さの厳しい日が続きますが、皆様お変わりございませんか。


今回は、大阪府八尾市にて2月上旬から工事着手予定の外構リフォーム計画の一部をご紹介をさせていただきます。

築約3年のA様邸。当初ご新築時に計画された外構に、使い勝手が悪いことはなかったそうですが、リビング側の開口部が、駐車場、アプローチと同じ南側に面していたこと、また、オープン外構であったことから、角地で通行量が比較的多い道路からの視線が気になるとのことでご相談をいただき、外構リフォームの計画がスタート致しました。

 

ご要望は2点。

1:オープン外構からクローズ外構への変更

2:道路から、リビング開口部への視線の緩和

 

工事着手前 外観

工事着手前 外観

 

作品のコンセプトは『上質なおもてなしはエントランスから』

程よく視線を緩和し、魅せ場のあるエントランス空間を取入れました。また、既存構造物を活かした経済設計も今回のポイントとなっております。

 

完成予定のイメージ手描きスケッチがこちら

 

イメージ手描きスケッチ 外観

イメージ手描きスケッチ 外観



今回のご紹介はここまで。

また、工事着手から完成までの経過をお届け致します。よろしければお付き合いください。



 

私どもザ・シーズンでは、営業・デザイン・設計・現場管理そしてアフターフォローまで専任のデザイナーが

サポート致します。是非、外構・お庭・室内リフォームまで何なりとご相談下さい。ご相談は無料です。

それではスタッフ一同皆様からのご連絡、心からお待ちしております。

 

尚、ザ・シーズンの施工事例を見たい方はコチラ→  こだわりの事例集

また学園前店舗施工事例を見たい方はコチラ→ ザ・シーズンL&G学園前 事例集』 をご覧下さい!

 

エクステリア&ガーデンのご相談はこちら

ホームページからの御相談予約はこちらから

https://www.the-season.net/mail/consultation/


また、お電話でも受付をしております。気になった方はこちらまで。

ザ・シーズンL&G学園前店御問合わせ先:0742-52-7811

 




2017 年 1 月 15 日

あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。

おかげさまで、ザ・シーズンは20周年をむかえます。

新たな気持ちで、今年一年、どうぞよろしくお願いいたします!


1/21(土)には新たなザ・シーズンのスタイルを表現した新店舗 大阪北店がオープン致します!

お近くにお越しの際には、是非ともお立ち寄り下さいませ!


2017年 第1回目のブログでは、奈良県天理市で、完成したⅠ様のエクステリアをご紹介させていただきます!

e5a588e889afe79c8ce5a4a9e79086e5b882e38080e696b0e7af89e5a496e6a78befbc91

天理駅からも程近い、閑静な住宅街。

建物はアイボリーの壁に、正面の屋根が印象的なお住まいです。


e5a588e889afe79c8ce38080e5a4a9e79086e5b882e38080e696b0e7af89e5a496e6a78befbc92

前後に壁を重ねることにより、奥行きを感じます。

道路に近い壁には表札とインターフォンを。

奥の建物に近い壁にはポストを設置し、郵便物の取り出し動線もシンプルに。玄関扉への視線をやさしく遮ります。

オープン外構ではありますが、ほど良いプライベート感も演出できたのではないかと思います!

e887aae8bba2e8bb8ae58089e5baabefbc91自転車倉庫も設置させていただきました。





Ⅰ様には、建物をご計画中から、家具・カーテン室内へのお住まいへのこだわりについてお話をお伺いさせていただくことができました。

その中で、エクステリアにもシンプル・ナチュラルな中にも、エレガントな要素(壁の自然石・サインの書体)をプラスできればと考えました。

12月のお忙しい時期に工事をさせていただき、本当にありがとうございました!

今後とも、よろしくお願いいたします。


ザ・シーズン 学園前 鶴井



2017 年 1 月 9 日

ザ・シーズンL&G学園前

営業時間:10:00〜18:00 定休:水曜日・木曜日

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘4-16-2 TEL:0742-52-7811 FAX:0742-43-7912

主な施工エリア:

奈良県、京都府、奈良市、生駒市、木津町、精華町、京田辺市、生駒市、香芝市、四条畷市、交野市、八幡市、枚方市、城陽市、宇治市、大和郡山市、広陵町、

河合町、平群町、上牧町、大和高田市、天理市、橿原市、真美ヶ丘、白庭台、馬見中、馬見北、北登美ヶ丘、登美ヶ丘、東登美ヶ丘、西登美ヶ丘、さつき台、真弓、

北大和、国見台、梅見台、木津川台、京阪ローズタウン、西大寺、鳥見町、精華台、光台など。 上記エリア以外でも施工可能な場所もございますので、お気軽にご相談くださいませ。