ITEM

テーマ別施工例

『うち・そと』で見つける、「取り入れたい!」暮らしかた

うちそと

多くの住宅メーカー・工務店ではインテリアは自社で提案をしますが、エクステリアは提携先の工務店へ外注されます。
しかし、同じ「我が家」なのに別々に考えることは正解なのでしょうか?
室内から見えるエクステリアガーデン。
お庭から見る、我が家のリビング。
どちらも大切にしたい、こだわりの我が家です。

ザ・シーズンでは「うち・そと」をテーマに、10年先も愛されるインテリアとエクステリアをご提案しています。

そんな、ザ・シーズンが考える「うち・そと」。
知ってみると、我が家に取り入れたい暮らし方がいっぱい詰まっています。

  • 子供と楽しむ暮らし
  • 和を楽しむ暮らし
  • リゾートを楽しむ暮らし
  • 自然素材がある暮らし
  • ペットと過ごす暮らし
  • 趣味を楽しむ暮らし
  • 植物がそばにある暮らし

子供と楽しむ暮らし

  • 家族が自然と集まるリビング
  • お庭の美しいグリーンを眺めながら食事をする、家族団欒のひととき。
  • BBQ、プール、シャボン玉!家族みんなが笑顔になるアウトドアリビング
  • お気に入りのインテリアがそろった我が家のリビングを眺めてのティータイム

子供を中心に、家族みんなが集まる場所、それは「リビング」。
室内のリビングも、アウトドアリビングも、家族が楽しくゆったりした時間を過ごすことができる、快適な空間になっているかが重要なポイントとなります。

気分が落ち着く照明や壁紙、すわり心地の良いイス。
そして家族のちょっとした小物が収納できるチェスト。
アウトドアリビングでは、近隣からの視線をさりげなく隠す、デザインウォールも必要ですね。

和を楽しむ暮らし

  • 伝統的な和を楽しむ空間
  • 突然の来客時にも対応ができる、現代的な和の空間
  • 日本の四季を表現した古典的な和庭
  • 従来の和庭園にはない、スタイリッシュな和庭

日本で暮らす私たちが自然と心地よいと感じる、「和」の空間。
現在では同じ「和」でも古典的・伝統的なものから、モダン的要素をプラスしたものまで、そのデザイン性は多彩になってきました。

デザイン性同様に、機能面も変化しています。
従来の和室ではお歳を召した方々には「立ち座り動作」が大変という一面があります。
また従来の和庭では定期的に植木屋さんにお願いをして手入れをしなくてはなりません。
これらのお悩みも新たなアイデア次第で、快適に変化させることが可能です。

リゾートを楽しむ暮らし

  • 憧れのリゾートホテルのようなリビングダイニング
  • 暖炉やバーカウンターでリゾート気分を楽しむ
  • 旅先の雰囲気を演出したガーデン
  • プールやアウトドアファニチャーでリゾート気分を楽しむ

旅行で訪れたリゾート地やホテル。
楽しかった旅の記憶を「わが家のエッセンス」として取り入れる方が多くなっています。

滞在したホテルの洗練されたラグジュアリーな空間を寝室に。
バリの高級感あるしっとりとした雰囲気をわが家のお庭に。

リゾート空間ほど、うちとそとの景色が連動するデザインです。
そして、デザイン性高い空間ほど、「テーマ」を決めることが重要です。

自然素材がある暮らし

  • 珪藻土や天然木でコーディネートされた温かみのある室内
  • ウッドや木々を上手に取り入れた緑豊かな暮らし

土や木のぬくもりは、いつの時代にも私たちの心に癒しを与えてくれます。
昨今よく耳にするハウスシック症候群やアトピー等のアレルギー疾患は壁紙の接着剤や通風の悪さからくるカビやほこりの発生等が原因の1つとも言われています。

全てを自然素材することは難しくても、適材適所に配することは可能です。
毎日暮らす我が家だからこそ、心身ともに健康をはぐくむ空間にしたいですね。

ペットと過ごす暮らし

  • ペットの足腰に負担のかからないフローリング
  • キャットウォークのある家
  • ペットが自由に出入りできるテラスやウッドデッキ
  • うちの子専用!我が家のドックラン

私たちの住まいは当然のことながら、人間サイズでつくられているため、大切なペットにとっては危険や負担が多く存在します。

ツルツル滑るフローリング。
室内からお庭に出るときの段差や階段。
人は大丈夫でも、ペットはおなかを壊しちゃうお花やハーブもあります。

人にとってもペットにとっても快適なすまいづくりで、大切な家族を守りましょう。

趣味を楽しむ暮らし

  • 趣味の音楽を思い切り楽しめる防音室
  • 毎日がホームパーティー!料理の腕を存分にふるえるキッチン
  • アウトドアリビングで、趣味の紅茶やワインを楽しむ週末
  • そよ風と木漏れ日を感じながらの庭での読書

趣味の時間、それは自分へのご褒美時間。
楽しむ内容は異なれど、どの趣味も我を忘れて楽しめる極上の時間です。

趣味の空間がわが家にあれば、時間を気にすることもなく楽しむこともできますし、もちろん、家族も一緒に楽しむことだってできます。

大好きな本に囲まれたマイライブラリーからお気に入りの1冊を手に取り、お庭で読書。そんな休日も素敵ですね。

植物がそばにある暮らし

  • インドアグリーンで潤いある室内空間
  • 庭で摘んだ季節の花々を飾っての食事
  • 庭で育てたハーブや野菜が並ぶ食卓
  • 庭で育てる植物たちを愛でながら楽しむ休息のひととき

私たちの心に潤いと安らぎを与えてくれる、植物=緑。
オフィスビルをはじめ、病院でもグリーンを飾るところが増えてきました。

安らぎを感じるために、多くの木々や植物を置く必要はありません。
目線の先に1鉢あるだけで、空間の印象は変化します。

庭で育てた花々を玄関先やテーブルに活ける。
庭で育てたハーブを使って、料理を楽しむ。

植物がそばにある暮らしは、とっても簡単で効果的です。