お庭の完成見学会:名古屋市瑞穂区内方町|都会で実現したプライベートバリガーデン

都会で実現したプライベートバリガーデン

庭に設置したハンモックに揺られながら眺める庭。都会に住みながら、このような夢のような空間を実現することが出来ます。
そんな生活を手に入れたお客様が、ザ・シーズンでお庭づくりをはじめようと思われたきっかけ、そして完成した後の暮らしや感想をうかがいました。

——————————————————————————————————————————————————————————————-

Q. お庭づくりのきっかけを教えてください。

「あまり広い庭ではないものの、鉢植えが多く雑然としていて、庭として活用が出来ずにいました。リフォームをきっかけに眺める庭として楽しめないかと思い、相談することにしました。」

Q. ザ・シーズンをお選びいただいた理由をお聞かせください。

「インターネット検索して、自宅からも近いザ・シーズンを選びました。」


Q.デザインに関するご要望をお聞かせください。

「バリ風でシンプルなデザインを希望しました。また、自転車を置くスペースもお願いしました。」
——————————————————————————————————————————————————————————————-
施工前は門が道路に面していたため、お庭が見える状態。植栽もうっそうとしていた。 フォーカルポイントとなる壁を設けたことで、庭への動線も変わり、視線も気にならなくなった。

——————————————————————————————————————————————————————————————-

Q.お庭が完成した感想をお聞かせください。

「用が無いのに、なぜかお庭に出てしまう程、気に入りました。もう少し、お花も楽しめるようなコーナーもつくっれもらえば良かったかな。」

Q.今後はどのようにお庭で楽しみたいですか

「暖かくなり、木々が芽吹き始め、ようやくお庭らしくなってきました。ライラックやヤマボウシが咲く日を楽しみにしています。タイで購入したハンモックに腰掛けて、庭を眺めてたりもしています。今後はラタン調ガーデンチェアを購入して、お茶を楽しみたいと考えています。」
——————————————————————————————————————————————————————————————-

バリ風にあわせたシンプルな水栓。 通行人の視線に配慮して、お庭への動線もリフォーム。

 

私が担当いたしました|名古屋店 表谷 興 (おもてや たかし)

都市部になるほどお庭のスペースも限られてくるため、どのように活用したらいいのかわからないというお声を耳にします。やりたいことがたくさんあるのに対し、面積が足りない=出来ないとお考えになってしまうからかもしれません。もし同様のお悩みをお感じでしたらぜひ「眺める」と「育てる」の2点だけに絞って、お庭の活用を考えてみてください。

室内やお庭のベンチからお庭を眺める。お庭で植栽を育てる。
この2つが実現するだけで、お庭での過ごし方は格段に変化するはずです。

見学会は、普段は立ち入ることが出来ないプライベートなお庭を見ることが出来る絶好の機会です。ぜひお悩みを解消され、素敵な時間を過ごされているお客様のお庭を体感していただけたらと思います。


お庭の完成見学会では、こちらのお庭を実際にご覧いただくことが出来ます。
目で見て、体感できるのは見学会の2日間だけ!この機会をお見逃しなく!!