お庭の完成見学会:渋谷区猿楽町|代官山情報発信箱 『街箱』 をつくる。

代官山情報発信箱 『街箱』 をつくる。

ザ・シーズンでは個人だけではなく、法人のお客様からもお庭づくりのご依頼を頂きます。代官山の魅力をもっと発信したいという熱い思いから
誕生した商業店舗『街箱』。ザ・シーズンにご依頼を頂いたきっかけ、そして完成した後の感想をうかがいました。

——————————————————————————————————————————————————————————————

Q. お庭づくりのきっかけを教えてください。

「昨今の代官山は旧山手通り沿いのヒルサイドテラスが創出してきた『おしゃれで文化的』といった好感がもって受け止められ、知名度・人気共に高い状況が続いています。しかし、現実的には代官山の知名度と集客力にはギャップが生まれており、賃料と売上の整合がつかず、撤退する店舗も少なくはありません。一般的な商店街とは異なり、いくつかの表通りで構成された代官山の『路地裏』にはおしゃれで文化的に限らず、様々な業種があるもの代官山ならではの魅力です。またあまり知られていませんが、「自然や生き物」「健康や運動、遊び」「子育てや教育」「イベント・ふれあい」など等、この街にはたくさんの魅力があります。
そんな魅力ある代官山の情報を発信し、街が持つポテンシャルを高めたい。そういう思いで、今回自宅の増改築にあわせお庭づくりをすることにしました。」

——————————————————————————————————————————————————————————————

Q. ザ・シーズンを相談先として決めた理由を教えてください。

インターネットで検索し、ザ・シーズンを知りました。しっかりとしたデザイナーさんに依頼が出来そうだと感じ、相談しました。


Q.デザインに関するご要望をお聞かせください。

「初めの打ち合わせで企画書を持参しました。1階には生花店、地下1階にはイベントスペースを設ける等の企画も決まっていましたので、それらの情報を元に『ありがちなものではなく、オンリーワン的なデザイン』を要望しました。」
——————————————————————————————————————————————————————————————

ウッドデッキ周辺は代官山の自然や生き物をテーマに演出。 パーゴラ部分はオリジナルで制作した鳥たちの止まり木に。

——————————————————————————————————————————————————————————————

Q.お庭が完成した感想をお聞かせください。

「依頼者の私があやふやな部分もありましたが、プロの目線でしっかりとサポートをしていただきました。ようやく完成し、ここからがスタートとなります。仕事がらみなので、まずは軌道に乗せることが第一目標ですが、楽しむ余裕が出来たらいいなと思っています。」

1階では代官山ガーデンが季節の花を販売。

掲示板としても使える仕切りは魅せると隠すをバランスよくデザイン、形作っている。
ウッドデッキに設けた水場は都内の中のオアシス。テーマは代官山の自然。
——————————————————————————————————————————————————————————————

私が担当いたしました!|世田谷店 楢舘 理佐(ならだて りさ)

企画書を初めて拝見した時、お客さまの代官山の町に対する熱い思い・情熱を大変感じました。このような機会を頂戴し、大変感謝しています。商業店舗でも個人の住宅でも、エクステリアガーデンをつくる際には「隣地との仕切り(境界)をつくる」ことが必要になります。そのときに自分にとってどのように見えるかだけではなく、「相手にとってもどのように見えるか」と考え、つくることが、後の人間関係だけではなく、街の景観作りにも繋がってきます。今回、大都会の中の商業施設ということもあり、、地上に土はおろか地面の面積も少なく、生き物や植物をどのように配置し演出できるのか熟考を重ね、『魅せる、伝える仕切り』をデザインしました。お庭の見学会ではこのようなデザインのポイントも説明の上、ご覧頂けます。ぜひ28・29日の2日間、代官山『街箱』にご来場ください。


お庭の完成見学会では、こちらのお庭を実際にご覧いただくことが出来ます。
目で見て、体感できるのは見学会の2日間だけ!この機会をお見逃しなく!!